ソーラーサーキットの家で爽やかな暮らしを

暮らしから気づく大切な資産。 爽やかであたたかな「住みごこち」

家作りが成功するかどうかは「住みごこち」で決まります。たとえば、夏の暑い日をさわやかに過ごせる家。たとえば、冬の冷えた体をあたたかく包み込んでくれる家。そんな心も体もくつろいで、一年中快適に暮らせる家こそ、もっともかけがえのない家族の"資産"だと、私たちは考えます。
住んでからでは修正しきれない「住みごこち」の大切さに、一人でも多くのお客さまに気づいてほしい。そして「建ててよかった」という喜びを心から感じてほしい。それが、私たちの考える家づくりへの想いです。

暮らしから気づく大切な資産。 爽やかであたたかな「住みごこち」

暑くて寒い日本に適した家づくり。 答えは、「ソーラーサーキットの家」にあります。

私たちが住む日本列島は、四季の気温差に加え、多雨多湿。家づくりには、たいへん厳しい環境です。そのような中で快適な住みごこちを確保するには、暑さにも寒さにも湿気にも強い家が求められます。


つまり、断熱性と通気性という矛盾した性能を両立させる、ということ。
私たちは、この難題を「外断熱」と「二重通気」という二つの技術を合わせることで解決しました。約20年前のことです。その結果、まるで家が衣替えをするように、夏さわやかで、冬あたたかい理想の家が誕生しました。この家を私たちは「ソーラーサーキットの家」と呼んでいます。

SCの家は気候にあわせて暑ければ開ける、寒ければ閉める。

外断熱・二重通気と、できるだけ機械に頼らない涼温房・・・
そして、自然エネルギーを活かすパッシブ涼温房住宅へ

SCの家は気候にあわせて暑ければ開ける、寒ければ閉める。

ソーラーサーキットの家と一般的な高気密・高断熱の家との違い

エアコンが一日中必要な一般住宅

ソーラーサーキットの家と一般的な高気密・高断熱住宅の大きな違いは、夏の過ごし方にあります。

一般的な高気密・高断熱住宅の家は熱をためこむ性能そのものが夏には仇となり、窓から入る日射熱が家の中にこもってしまい暑くて仕方がない家になります。高気密・高断熱をうたっている家ほど、クーラーが長時間必要になるというジレンマが生じてしまいます。


できるだけエアコンに頼らない暮らし


このタイプの住宅は夏はクーラーで冷やせばよい、という対処方法をとっています。
ソーラーサーキットの家は外断熱と二重通気を組み合わせることにより、クーラーがなくても日本の伝統民家、町屋のような夏の涼しさを体感することができます。ソーラーサーキットの家は冷房しなくても外気よりも3~4度涼しくなるので真夏のトップシーズンだけ少しのクーラーを使えば涼しく過ごすことができます。

ソーラーサーキットの家と一般的な高気密・高断熱の家との違い

外断熱が支持される理由。  それは、包むようなあたたかさと結露の少なさ。

外断熱は、基礎から壁、屋根の上まで、断熱材ですっぽりと覆うことで、家全体を断熱する工法です。気密性も高いため家全体があたtめられ、居室だけでなく小屋裏や床下まで有効に使うことができます。たとえば家中がリビングのあたたかさで包まれる、といったイメージです。
また、支持されるもうひとつのポイントは、結露が発生しにくいということ。居室や壁内の温度差が少ないため、躯体劣化の原因となる結露が発生しにくく、家の長寿命化に貢献します。

外断熱が支持される理由。  それは、包むようなあたたかさと結露の少なさ。