補助金を使ってお得に建てよう

補助金・助成金制度の活用

国を始め、各自治体などで支給している補助金や助成金にはマイホームの購入(新築・リフォーム)に関するものが多数あります。
申請が難しかったり、仕様によっては対応できない住宅会社などがあり、少し分かりにくい補助金についてまとめてみました。
是非参考にしてください。
詳しくは高柴神戸までお気軽にご連絡くださいませ。

木材利用ポイント

概 要 地域材を活用した木造住宅の新築内装外装の木質化などに木材利用ポイントを付与し、地域の農林水産物との交換を行う事業
交付対象 木造住宅の新築、木質化リフォームなど ~平成26年9月30日以内に工事着手分
金 額 木造住宅の新築1棟 30万ポイント プラス内外装木質化 上限30万ポイント
申請先 林野庁 木材利用ポイント事務局(申請は平成27年5月31日まで延長)

長期優良住宅の投資型減税

概 要 住宅ローンの借り入れの有無に関わらず適用が可能な所得税の減税制度が、平成29年12月まで延長・拡充されました。
金 額 平成26年4月以降の金額は、住宅の対価の額又は費用の額に含まれる消費税等の税率が8%又は10%である場合の金額であり、それ以外の場合における控除対象限度額は500万円、控除限度額は50万円となります。
申請先 各自治体

太陽光発電全量買取制度

概 要 太陽光発電で発電された電力のうち、使いきれずに余った電力を電力会社が国の定める条件で買い取る制度
交付対象 太陽光発電システムを設置されている方
金 額 売電価格 37.5円
申請先 各地区電力会社

地域型住宅ブランド化事業

概 要 地域工務店等とこれらを取り巻く関連事業者(地域材等資材供給から設計・施工まで)が緊密な連携体制を構築し、地域資源を活用して地域の気候・風土にあっ た良質で特徴的な「地域型住宅」の供給に取り組むことを支援し、地域における木造住宅生産・維持管理体制の強化を図り、地域経済の活性化及び持続的発展、 地域の住文化の継承及び街並みの維持・保全、木材自給率の向上による森林・林業の再生等に寄与することを目的とした制度です
交付対象 ・地域材を活用する木造住宅
・採択されたグループの地域住宅の共通ルールに則して、グループ構成員である住宅生産者より供給されるもの
金 額 1棟当たり100万円※25年度は締め切りました
申請先 地域型住宅ブランド化事業評価事務局

相続時精算課税制度

概 要 親から相続を受けた場合、年間110万円を超えると贈与税が掛かりますが、親が65歳以上、子供が20歳以上なら『相続時精算課税制度』が選択できます。
この制度を選択した場合、2500万円までの贈与であれば、その時点で贈与税が課税されず、相続時に相続税として精算課税される事になります。
(2500万円を超える分については20%の贈与税を支払えば済みます)
※住宅取得資金贈与の特例と併用して最大3500万円まで非課税とする事が出来ます。
締め切り 平成26年12月31日

住宅ローン減税

概 要 住宅ローン減税とは、新しく住宅を購入したり、家を新築したり、増改築などのリフォームをした方を対象に所得税から一定の割合分だけ差し引くという制度。簡単に言うと、税金が安くなる又は戻ってきます。(借入額の1%を10年間 にて) ちなみに長期優良住宅の方が100万円多い。
締め切り 平成25年3月31日から4年間延長決定

住宅贈与資金 非課税制度

概 要 住宅購入や増改築の際に親や祖父母からの資金援助にかかる贈与税の非課税制度
締め切り 平成26年12月31日

高柴の家は上記にあげているすべての項目について対応可能です。
少しでもお得に家を建てたいと思われる方は是非お気軽にお問い合わせください。

TEL 078-531-7475